レイク審査

レイクの審査が緩いといううわさ

新生銀行カードローン「レイク」の評判は「とても便利で利用しやすい」と人気急上昇の銀行カードローンで、銀行カードローンの中でも敷居が低いと評判のカードローンです。

 

「消費者金融から銀行カードローンへ」

消費者金融だった「レイク」は2008年新生銀行の子会社として、銀行系カードローンに変わりました。消費者金融は2010年の貸金業法の改正で完全施行となり、グレーゾーン金利の撤廃や、総量規制で融資限度額に制限が加えられたことから、大打撃を受けます。

 

「レイク」もその例にもれず、経営が苦しくなる中、新生銀行にシステムやノウハウ、店舗や人員を含め、すべてを譲渡しました。その時から消費者金融「レイク」から新生銀行カードローン「レイク」として生まれ変わりました

 

「総量規制で消費者金融の審査は厳しくなった」

消費者金融は、総量規制で年収の3分の1までしか融資出来なくなったので、以前のように気軽に借りられるっていうことは少なくなったと言えます。特に大手消費者金融では、以前よりも審査が厳しくなったとも言われていて、無職や専業主婦は収入がないため、融資は絶対に受け入れてはくれません。

 

申込は、非正規でも融資を受け入れていますが、申込をすれば必ず借りられるというものでもありません。

 

「レイクの審査が緩いと言われるのは」

「レイク」にも当然審査はありますが、ただ審査が緩いのか、それとも厳しいのかと言うところがよくわかりません。通常、銀行カードローンは消費者金融よりは金利は低めでも審査は厳しいと言うのが実情です。

 

「レイク」の場合元々は消費者金融でしたので、消費者金融の「レイク」時代の特徴がまだ残されています。たとえば、新生銀行グループのカードローン「レイク」となっていても、消費者金融時代の審査を行っているので、審査は他の銀行よりは遥かに緩いと言えます。

 

「総量規制に影響されない」

銀行カードローンは消費者金融のように総量規制の対象にはなりません。もちろん限度額の設定はありますが、審査に通れば年収の3分の1以上の貸付が出来ます

 

また、銀行カードローンならではの、収入証明書類の提出も100万円以下なら不要と、消費者金融に比べて緩くなっています。消費者金融のような総量規制が無いから審査緩いと言うわけではありませんが、他の銀行よりは審査に関しては緩いと評判の「レイク」です。